カフェインが体に及ばす影響①

今回はカフェインが体に及ぼす影響について、ご紹介していきます。

打ち合わせ等で喫茶店に入り、とりあえずコーヒーを注文する方も多いと思います。

やっぱり安いしいちいち悩むのもめんどくさいですもんね・・・

また、眠気覚ましでコーヒーを飲む方も多いと思います。

ですが、皆さんはカフェインが体に及ぼす影響をご存知でしょうか?

コーヒーに含まれるカフェインは、アデノシンが神経細胞に作用することを邪魔して、眠気を減らします。

その為、眠気が覚めて体がスッキリとしたように感じます。

この作用に助けられる学生、社会人は本当に多いですよね・・・

しかし、当然カフェインにも適切量があります!

カフェインは、通常成人1回0.1~0.6gを

1日2~3回摂取するのが適正な量と言われております。

この適切量を超えて、カフェインを過剰摂取すると

様々な悪影響を及ぼします。

(最悪死に至る場合も・・・?)

様々な悪影響があるので、次回の記事で詳しく説明していきます。

One Reply to “カフェインが体に及ばす影響①”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です